せどりを行なう上での流れ

せどりとはもともとは転売業者から出た言葉で、「安く仕入れ高く売る」ということです。
最初は中古本を安く仕入れて高く売ることを「せどり」と言われていました。
今は家電やホビーなどもせどりと言うようになりました。
ネットで稼ぐ方法としてアフィリエイトがありますが、長文を書かなくてはいけなかったりするので、せどりの方がそれよりは単純で分かりやすいと言えるでしょう。
しかし最初に資金が必要なので、せどりの場合は、まず仕入れをして商品を販売します。商品が売れてから手元にお金が入ってくるのです。またシンプルなのでライバルも多いです。
せどりは「扱う商品が好きな人」あるいは「単純作業がすき」もしくは「お金のためであれば割り切ってすることができる」のような人が向いています。
単純作業が嫌いでやりたくないと思っている人、もくもくと作業をするのが苦手な人には向いていません。
せどりの流れとしては「お店orネット通販で商品を探す」→「商品を仕入れる」→「販売価格を決め、アマゾン、ヤフオクなどに出品する」→「販売、受注、購入される」→「商品を購入者に送る」となります。流れはシンプルで簡単です。要は「買って売る」だけです。
売るときは集客力があるアマゾンやヤフオクを使うことがいいでしょう。メルカリなども集客力があり、始めやすいのでこちらでもいいと思います。アマゾンではせどりで便利なFBAという制度があります。このFBAを使うことで、商品の発送が非常に簡単になります。通常は商品が売れたら出品者自身が発送手続きを行なわなくてはいけませんが、アマゾンのFBAであれば、商品が売れたらアマゾン側で商品の発送をしてくれるのです。このFBAにするためには、事前にアマゾンの倉庫に送っておくことが必要となってきます。逆にいえばそれだけでFBAが出来るのです。ヤフオクで売れた商品をアマゾンから送ることも可能です。このFBAのシステムを使うことで、自身は「商品の仕入れ」と「アマゾン倉庫への発送」のみを行なえばいいので、負担はかなり減ります。出品者がどんなに忙しい状況でも、FBAを使っていなければ発送は自身で行なわなくてはいけませんが、FBAならラクですね。またアマゾン倉庫へ送るタイミングも決まりがあるわけではないので、出品者の都合の良いタイミングで送れば大丈夫です。このFBRのシステムがあるので、せどりを行なっている多くの人はアマゾンを使っています。つまりせどりを行なう際には「アマゾンで売る」ということが集客力もあり、発送も簡単なので、ベストと言えるでしょう。
インターネットで物を売るときは写真や説明を詳しく伝えましょう。ウソを書いても返品されるだけなので、そういったことはせず、正直に商品の機能、状態を伝えましょう。
またせどりにつきまとうこととして「古物商許可申請」があります。これは質屋や美術品商などがもつものですが、せどりは「自分の不要なものを売る」という解釈も成り立ちます。しかしグレーゾーンであることに変わりはないので、取っておいたほうが無難です。
せどりで売るには、便利なツールなどもあるので、そういったものも参考にしてみるといいと思います。